news & topics

お知らせ

2020.01.14幼稚園だより

1月巻頭言

2020年、新年を迎えました。冬休みはいかがでしたでしょうか。それぞれの御家庭で年末年始ならではの経験や御家族との団らん等、たくさんの大切な時間を過ごされたことでしょう。子ども達のお土産話を聞くことを楽しみにしています。
クリスマスには各学年、礼拝、祝会の時を持ちました。年長組はページェントを、年中組、年少組も可愛い劇でお祝いいたしました。
年長組では、「ページェントは神様に捧げるもの。そしてイエス様のお生まれになった様子をみんなに伝える大切なお仕事だ」と伝えながら役決めまでの毎日を過ごしていました。どの役も欠けてはならない大事な役だと、誇りを持って自分の与えられた役を頑張っている様子が伺え、当日を迎えることがとても楽しみでした。クリスマスの前の週、「年中組や年少組さんにも、私達が演じるページェントを見せてあげよう」と担任がお部屋で相談をすると、お当番の子ども達が、「私達のページェントを、年中さんたちが喜んでくれますように」とお祈りをしてくれました。自分達のページェントを大切に思い、それを喜んでもらいたいという子ども達の心からの祈りを本当に嬉しく思いました。そして当日、心を込め、思いを込めて演じている姿、本当に素敵でしたね。
年中組、年少組のお部屋では、担任がこれから劇をしようというと、「やったー」と喜ぶ声が聞こえて来ていました。子ども達は劇が大好き。お家の方に見ていただこうと張り切り、楽しんで演じている様子が見られました。そしてみんなが楽しみにしていたクリスマスの日、それぞれの子どもが目を輝かせ、自分の役割を誇らしげに演じている様子がとても素敵でした。
お家の方々が、温かな目で応援をして下さったことや、自分を認めてくれる大人や仲間がいることが、自信を持ち安心して自分の力を出せることに繋がったのだと思います。保護者の方の協力により、クリスマスの豊かな経験が子ども達の大きな育ちとなったことを嬉しく思います。
1学期の成長が2学期へ、2学期の成長が3学期へとしっかりと繋がっていく子ども達。ご家庭と幼稚園が手を携えて子ども達と向き合い、育とうとしている力を応援し、手助けをし、導いていけるよう共に歩んでいきましょう。本年も宜しくお願いいたします。  

園長 桾沢明子

                       

©2019 UNCHUSHA