news & topics

お知らせ

2019.11.07幼稚園だより

11月巻頭言

 日に日に秋の深まりを感じる気持ちの良い季節となりました。今年の秋は予想外の大きな台風や豪雨が、各地に甚大な被害をもたらしました。今も尚大変な思いをしていらっしゃる方がいることを思うと心が痛みます。被害にあわれた方にお見舞いを申し上げますとともに一日も早い復旧をお祈りいたします。
 運動会では、緊張する子やいつも以上に張り切る子等それぞれでしたが、たくさんの温かな応援の中で自分らしく参加できたことは子ども達の自信に繋がり、楽しい経験となったようです。来賓の方が、「幼稚園と保護者との強い連携の中で行われている素敵な運動会で感動しました。」とおっしゃっていました。保護者の方々が、自分のお子さんだけでなく、他学年の子ども達の成長も喜び合いながら、一体となって応援し、一緒に運動会を作り上げて下さった松沢らしい運動会になった事をとても嬉しく思います。運動会が終わった後も、あこがれの年長組のパラバルーンを小さいクラスの子ども達がやってみたり、年長組が玉入れをしてみたり、楽しく運動会ごっごが繰り広げられていました。
翌週行われた保育参加では、友達のお父さん、お母さんと遊んだり、普段幼稚園でしていることをお家の方と一緒にできたりした事がとても嬉しかったようです。保護者の方からも、「家ではなかなか集中して子どもと遊ぶ時間が持てないけれども、久しぶりに向き合いたっぷりと遊べたことが楽しかった」と感想をいただきました。保育に参加することで、幼稚園の中での子どもの姿を知り、新しい発見もあったのではないでしょうか。そして、子どもの目線に合わせ、心を寄せ、一緒に共感していただいた時間は、子ども達にとっても楽しい時間となりました。ありがとうございました。
 また、年中組、年長組は電車に乗って若葉台までお芋掘りに行きました。今年は雨が多く、土が固くてサツマイモを掘るのに苦労をしていましたが、自分で掘り出した事が嬉しくて、皆誇らしげに掘ったお芋を見せてくれました。
秋の実りに感謝して、11月は感謝祭礼拝と会食を行います。感謝祭礼拝では、お隣の松沢教会の北先生を招いて、メッセージを伺います。神様の恵みに感謝するとともに、まわりに目を向け、「ありがとう」と言える事を子ども達と探していきたいと思います。

園長 桾沢明子

©2019 UNCHUSHA