news & topics

お知らせ

2019.08.08幼稚園だより

8月園だより巻頭言

今年の夏は例年にない長梅雨で、涼しい毎日が続きました。外遊びが大好きな子ども達は、空を見上げながら、雨が止むと元気に園庭に飛び出していきます。

4月に入園してから1学期間を過ごしてきた太陽組の子ども達は、園生活にもすっかり慣れて、幼稚園が安心できる自分の居場所になっているようです。お友達の名前も覚え、あの子と遊びたいとお互いに名前を呼び合いながら遊んでいます。また年中組の子ども達は、言葉の数が増え、自分の気持ちを友達に伝えられるようになってきています。やりたいことがはっきりとして来ている分、時には友達とのトラブルもありますが、そのような経験を経ることで、友達との関係が深まっています。片付けの時間は年長組の出番です。昨年の年長組をしっかりと見ていた子ども達ですので、今度は自分たちが中心になって片付ける!と張り切っています。砂場に掛けるシートは、友達と気持ちを合わせないとなかなか上手く掛けられません。初めはそれぞれが勝手に引っ張るので、シートが広がりませんでしたが、「そっちをひっくりかえせばいいんじゃない」「だれかそのはしっこをもって」など声を掛け合いながら広げ、今では上手にできるようになりました。みんなで意見を出し合いながら、上手に片付けられた時には、とても満足そうな子ども達です。みんなで使ったものを気持ちよく片付ける事はもちろんですが、どうしたら上手に片付けられるかを頭を使って考えたり,友達と声を掛け合い協力したり、片付けを通してたくさんの事を学んでいる子ども達です。

年長組はお泊り保育に行ってきました。大きな荷物を自分で運び、自分の事は全て自分で行い、友達や先生たちと楽しい経験をたくさんしてきました。出かける前は不安の中にいた子ども達もいましたが、お泊り保育から帰ってきた子ども達はみな誇らしげです。お家の方から離れ、友達と励まし合いながら経験できたことは、一人一人の自信となったことと思います。

松沢幼稚園は本日をもって1学期が終了して夏休みになります。長い休みとなりますが、ご家庭で休みならではの経験をしていただき、2学期には、心も体も成長した子ども達にお会いできること楽しみにしています。                      園長 桾沢 明子

 

©2019 UNCHUSHA