news & topics

お知らせ

2020.09.07幼稚園だより

9月巻頭言

今年の夏はコロナ禍により、誰もが経験したことがない特別な夏になりました。併せて連日猛暑が続き、子ども達の熱中症にも気を遣われての生活だったことと思います。その中でもご家庭でそれぞれ工夫され、この季節ならではの体験を子ども達とされたのではないでしょうか。
新型コロナウイルスの影響で、1学期は休園や分散登園等、なかなか友達と会うことができない日々を過ごしました。けれども年中組、年長組の子ども達は、これまでの遊びを基盤として、友達と遊びたいことをイメージしながら登園し、友達と誘い合ってとてもよく遊んでいる様子が見られました。また年少組の子ども達も安心できる場所や人を見つけたり、遊びを通して友達に出会ったり、少しずつ幼稚園に慣れてきました。子ども達は大人が考えるよりも柔軟で、今目の前にあることを受け入れ、生きていることを感じさせられます。コロナの感染拡大は、いまだに収束することがなく、私たちはコロナと共に生活をしていかなければなりません。けれども幼稚園の生活の中では感染予防をしながらも落ち着いて穏やかに過ごし、友達との関わりの中で心満たされる時をたくさん作っていきたいと思います。
2学期は様々な行事があります。園行事や遊びについては、周りの状況を見て、
「教育的意義」と「安全面」の両面を考慮しながら、取り組んでいきたいと思います。 保護者の方々には、引き続き子ども達の健康管理と、感染予防のための配慮にご協力いただけるよう宜しくお願い致します。
夏休み中に、少しでも密接を避けるために、年中の保育室に新しく水道を設置いたしました。とてもかわいらしい水道ですので、登降園の際に是非、のぞいてみてください。お盆休みの短い工事日程の中、子ども達が来る日に間に合わせようと職人さん方が頑張ってくださったことに感謝しながら、新しい水道を大事に使っていきたいと思います。
 9月にはこども松沢デーを行います。今年度はいつものような松沢デーを行うことはできませんが、子ども達の思い出に残る1日になるように願いながら、内容を企画しています。どうぞお楽しみに。             園長 桾沢明子

©2019 UNCHUSHA