news & topics

お知らせ

2019.05.15幼稚園だより

5月の園だより巻頭言

新緑の美しい季節となりました。園庭には、ガーデニングボランティアのお母さま方が植えて下さった花が咲きそろい、こいのぼりが泳ぐ下で子ども達は元気に遊んでいます。今年の春は、桜の花が長い間私たちを楽しませてくれ、花びらを拾うことに夢中になっている子ども達の姿が多く見られました。
入園して間もない太陽組の子ども達ですが、日に日に安心できる所を見つけ、少しずつ幼稚園に慣れていく様子が見られます。職員室では、「昨日はあんなに泣いていたのに泣かなくなったわね」「表情が硬かったのに柔らかくなったね」「あの子とあの子が友達になったみたい」と毎日変わっていく子ども達の表情を共有し、喜びながら過ごしています。
進級した子ども達も学年が上がった喜びや自信の中で、張り切って過ごしている様子が見られます。太陽組の子ども達の事を優しく気遣い、手を差し伸べたり、困っている子や泣いている子がいると教師に教えにきてくれたり、お兄さんお姉さんらしい表情をたくさん見せてくれています。その一方で、友達関係の変化や新しい環境に緊張や不安を感じている子もいます。子ども達の心に起っている感情を受け止め、戸惑っている気持ちに寄り添いながら、幼稚園で安心して過ごせるように働きかけていきたいと思います。ご家庭でもいつも以上に甘えたりイライラしたり、今までにはない様子の日もあるかと思います。どうぞ温かく見守り、降園後にゆっくりと過ごすことも大切にして下さい。
ゴールデンウィーク明けは、4月の緊張や、連休を楽しく過ごした後の疲れが出て、心身ともに少し不安定になることもあります。今年は特に長いお休みです。休み明けには元気に登園できるようなスケジュールを心がけて下さい。また5月には個人面談を計画しています。幼稚園とご家庭が理解を深め、信頼関係を築くことが子ども達の安定した園生活に繋がっていきます。良き話し合いの場といたしましょう。
園長 桾沢 明子